令和2年-6年度 文部科学省 科学研究費補助金研究 学術変革領域研究(A)

領域番号:20A102

お知らせ

【時間変更】サイエンスアゴラ2021へ出展

この度、下記の要領でサイエンスアゴラ2021に出展することが決定しました。考古学とコンピューターサイエンスのコラボレーションについて、クイズなどを交えながら分かりやすくお話しします。会は基本的に日本語で進行します。ご関心のある方はぜひご参加下さい。

 

日時:2021年10月11日(月)14時00分-15時30分 13時00分-14時30分(日本時間)
会場:Zoomウェビナー(要参加登録:公式サイトオープン後改めてご案内します)
参加対象:どなたでもご参加いただけます。
参加費:無料

 

企画名:考古学×情報工学 コクゾウムシを見つけたい!

企画出展者名:DRAプロジェクト 熊本大学
メンドンサ・ドスサントス・イスラエル(熊本大学 大学院先端科学研究部,助教)
小畑弘己(熊本大学 大学院人文社会科学研究部,教授)
他3名。

企画概要:
私たちは、考古学とコンピューターサイエンスのコラボレーションを試みるチームです。近年、土器粘土中のタネやムシをX線で検出し、縄文時代の生活史や植物利用を明らかにする研究が盛んに行われています。しかし、X線画像で種を同定するには、植物・昆虫学の専門知識とX線画像解析の経験が必要です。全国には、未調査の縄文土器が3億点以上あり、これを専門家が担うには限界があります。AIの力を借りて、すべての人がタネやムシを簡単に同定する技術を開発できれば、より豊かな歴史像を描き出すことが可能となります。人類の歴史の解明に貢献する未来考古学とコンピューターサイエンスの在り方を皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 

ウェビナー申込https://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/2021/session/11-a13.html
 ※当日にもご登録いただけます。

 

参考)文部科学省科学研究費補助金研究 学術変革領域研究(A)
土器を掘る:22世紀型考古資料学の構築と社会実装をめざした技術開発型研究
http://www.fhss.kumamoto-u.ac.jp/archaeology/earthenware/outline/

 

問い合わせ先:
メンドンサ・ドスサントス・イスラエル(熊本大学 大学院先端科学研究部,助教)
Email: israel@cs.kumamoto-u.ac.jp

 

最終版0921:サイエンスアゴラポスター_.png※画像をクリックすると拡大します。