令和2年-6年度 文部科学省 科学研究費補助金研究 学術変革領域研究(A)

領域番号:20A102

お知らせ

【応募締切】第 5 回土器科学分析ワーキンググループ

この度、日本文化財科学会第 38 回大会で発表を行います。本領域研究の全体概要、及び、計画研究 A01、A03、B01 班で行われている各研究トピックスの紹介を行う予定です。大会への参加には事前申し込みが必要です。締切は9/14本日ですので、ご興味がある方はお急ぎください。

 

日本文化財科学会第 38 回大会

18:00-19:00
第 5 回土器科学分析ワーキンググループ
企画者:○宮⽥佳樹,⻄⽥泰⺠,中村俊夫,宮内信雄,堀内晶子,吉⽥邦夫,⽩⽯哲也,村本周三,福井淳⼀
発表形態:Zoom

プログラム
「領域全体解説」小畑弘己
「X線CTによる繊維混和土器の研究」西田泰民
「バイオマーカー解析の話」宮田佳樹
「土器包埋炭化物の年代測定に向けて」国木田大 

内 容:今回は、2020 年 11 月に採択された、令和 2 年‐6 年度文部科学省 科学研究費補助金研究学術変革領域研究(A)「土器を掘る:22 世紀型考古資料学の構築と社会実装をめざした技術開発型研究」(領域代表者:小畑弘己教授(熊本大学))を紹介いたします。

応募方法:参加登録と講演発表 (jssscp.org)